注目のエイジングケア成分

ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分以外にも、アンチエイジング効果のある成分はたくさんあります。ここでは、ガラクトミセス培養液やガーネット末、フルボ酸など、注目の成分を紹介します。

ガラクトミセス培養液、ガーネット末、フルボ酸など注目の美容成分

保湿成分はたくさんの種類がありますが、とくに注目を集めている成分をピックアップしてご紹介します。

■ガラクトミセス培養液

麹発酵酵母の一種で、肌を乾燥から守り弾力とハリを与えます。美白効果や皮膚を保護する効果もあります。

■ガーネット末

天然ミネラル鉱石で、抗酸化作用が高く細胞を活性化させ、糖化を防ぐ効果があります。

■フルボ酸

海洋性腐植土壌から抽出された天然ミネラルとアミノ酸、酵素、ビタミンからなるエキスで、ヒアルロン酸と同様の保湿性があり、新陳代謝を活発にします。

■フラーレン

コラーゲンの生成を促進する力はプラセンタの800倍、抗酸化力はビタミンCの120倍以上言われており、ハリを与え、活性酸素を取り除いた若々しい肌を作ります。

■アスタキサンチン

独持の高い抗酸化作用によって、紫外線などでダメージを受けたコラーゲンを正常な状態に保ちます。

■レチノール

肌にハリを与えるコラーゲンの生成を促進する働きがあります。ターンオーバーも正常にするほか、美白効果も。

■リンゴ果実培養細胞エキス

コラーゲンやエスラチンの生成を促進させたり、細胞をフレッシュに保つ効果があります。ターンオーバーを正常にしてみずみずしい肌を保つ効果も。

■プラセンタエキス

角質層の水分バランスや皮脂、自然保湿因子のバランスを整えます。この働きが乾燥を防ぎ、小じわ予防につながります。

■ビタミンC誘導体

コラーゲンやエスラチンを生産する線維芽細胞を活性化させます。美白効果が高いことでも知られています。

ほかにも、保湿効果や潤い効果の高い成分はたくさんあります。保湿効果がある成分の中から、いくつかを厳選してバランスよく配合している化粧品を使用するのが理想的だといえるでしょう。

※このサイトは個人でまとめた情報を掲載しています。最新情報は各社の公式HPをご確認ください。