抗シワ試験/効能評価試験済み

化粧品を選ぶときに注目したい「効能評価試験済み」をご存知ですか?これは「抗シワ試験」にパスした小じわ対策の化粧品であることを表しています。

小じわを目立たなくすることの証明

日本の薬事法は海外に比べて非常に厳しく、現実的にシワに効果がある化粧品でも「シワが消える」「シワをなくす」といった直接的な広告表現が禁じられています。

たとえば、化粧品では「肌のキメを整える」「皮膚にうるおいを与える」「肌にハリを与える」といったやんわりとした表現は認められていますが、「シワがなくなる」とか「シミが消える」といった直接的な表現は認められていません。

ところが2011年、「乾燥による小じわを目立たなくする」という効能表現が厚生労働省から認められることになりました。かなり緩やかな表現ではありますが、乾燥による小じわに効果があることを意味する表現です。試験にパスした化粧品のみが広告などでこの表現を利用できることになりました。

抗シワ試験・効能評価試験済みとは?

この試験は「化粧品機能評価法ガイドライン」に基づく試験で、化粧品業界では「抗シワ試験」と呼ばれています。この試験で、「乾燥による小じわを目立たなくする」効果があると認められると、製品には「効能評価試験済み」と表記することになります。

ただし、認められた評価は乾燥による小じわのみで、加齢によるシワに効果があると認められたわけではありません。とはいえ、日本の厳しい薬事法のもとに認められているだけでも、十分に小じわ対策化粧品であることの判断材料になるでしょう。

小じわに効く化粧品が選びやすくなる!

これまで述べてきたように、小じわやちりめんじわの大きな原因は乾燥です。乾燥を防ぐための成分が配合されていて、しかも浸透力が高い化粧品であれば、「効能評価試験済み」の表記がないからといって、シワに効果がないと断言できるわけではありません。

しかし150~400万円といわれる費用をかけてこの試験を受け、見事パスして表記にこぎつけるということは、それだけメーカー側が力を入れていることとも受け取れます。メーカー側が小じわ対策化粧品として世の中に本気でアプローチしている商品と言えるのです。

また、少なくとも「乾燥による小じわを目立たなくする」効果があることは実証済みです。小じわ対策の化粧品を選ぶときは、やはり「効能評価試験済み」の表記がある化粧品を選ぶことが望ましいでしょう。

※このサイトは個人でまとめた情報を掲載しています。最新情報は各社の公式HPをご確認ください。