食生活

バランスの悪い食生活もしわやちりめんじわの原因になることがあります。体の内側からのケアとして、小じわに効く食べ物・NGな食べ物もあわせて紹介します!

食生活がちりめんじわの原因に?

小じわに効果が高い化粧品で毎日スキンケアを行うことは必要ですが、美肌を保つためには内面からキレイになることが大切です。真剣に小じわケアを考えているなら、同時に食生活も見直してみましょう!

美しい肌は美しい細胞が作ります。その細胞を作るのは食べ物から摂る栄養です。栄養によってみずみずしい細胞を保つことができれば、肌は内側から輝いていきます。

お肌に良い栄養素は、ミネラルやビタミン、カロチンなど。ハリを保つためにはコラーゲンやタンパク質も必要です。ダイエットをしている人の中には小じわが増えたり肌の乾燥がひどくなっている人がいますが、タンパク質は肌の細胞の主原料とも言えます。ダイエットのために肉類を極端に抑えてしまうと肌はスカスカの状態となり、しわの原因の一つになります。

ですが肉類は摂りすぎると体重を増加させたり、骨がもろくなることがあります。摂りすぎると皮脂も増え、吹き出物などの原因になることも。要はバランスよく3食をきちんと食べることが大切です。

しわを予防する食べ物

では、具体的に肌によい食材を挙げてみましょう。まずビタミン類。ビタミン類は抗酸化作用が高く、活性酸素を除去することでしわを防ぎます。

  • ビタミンE
    肌を若返らせるビタミンEは、植物油、アーモンド、ピーナッツ、小麦胚芽、緑黄色野菜が豊富です。
  • ビタミンC
    コラーゲンの生成を促進するのはビタミンCです。キウイやイチゴといった果物、トマトやブロッコリー、ピーマンなどに豊富。
  • ビタミンB2
    血液の流れを促し、肌を健康的に保ちます。ウナギやレバー、干し椎茸、納豆などに多く含まれています。
  • βカロチン
    肌荒れを予防・改善します。緑黄色野菜の中でもとくにニンジンやカボチャ、ピーマン、ブロッコリーに含まれています。

肌にハリを与える食べ物

肌を内側からふっくらさせることもしわ予防につながります。肌にハリを与える成分・食材は次の通りです。

  • リジン
    必須アミノ酸で肉類に多く、肌のキメを整えます。
  • コラーゲン
    肌のハリのためには欠かせない栄養素で、鶏皮や牛スネ肉、豚足、ヒラメ、カレイ、サザエなどに多く入っています。
  • タンパク質
    肌の乾燥を防ぎ、肌にハリや弾力を与えます。大豆や卵、チーズ、ヨーグルト、ササミ、まぐろなどに良質のタンパク質が含まれています。

中でも、大豆は女性ホルモンと同じ働きをするイソフラボンが豊富なので、女性ホルモンが減っていく30〜40代以降の女性は積極的に摂りたい食材です。

肌に悪い食材と食べ方

肌に悪い食材の代表的なものも紹介しましょう。リノール酸など不飽和脂肪酸を含む食品は体内で酸化しやすく、活性酸素を増やします(紅花油やマーガリンなど)。

加工食品もよくありません。合成保存料に使用されているリンは細胞の老化を促進させ、糖分や脂肪も多く味付けも濃い場合があります。インスタント食品や化学調味料は、お肌のためにはできるだけ避けるようにしてください。

甘いものの摂りすぎも肌を糖化させます。糖化はたるみやくすみの元となるので摂りすぎには注意を。

また、食べ方にもひと工夫が必要です。よく噛まない早食いの人は表情筋も衰えがちで、ほうれい線などができやすくなると言われています。左右の歯でよく噛むことで頬のたるみを予防することもできるので、食べ方にも気をつけたいですね。

最後に忘れてならないのは、便秘も美肌の大敵。吹き出ものの元になりますから、便秘気味の人は水溶性食物繊維を積極的に摂るようにしましょう。

この記事の関連のページ

※このサイトは個人でまとめた情報を掲載しています。最新情報は各社の公式HPをご確認ください。