紫外線

紫外線はお肌の大敵!ちりめんじわ、しわだけでなく、シミ、くすみ、たるみといったあらゆる肌トラブルの原因になります。

紫外線としわの関係

太陽光には、「紫外線」「可視光線」「赤外線」の3種類があり、紫外線はビタミンDを生成して骨や歯を作ったり、肌の血行を良くさせる効果があります。そのため日光浴は、健康のためには必要なものと考えられてきました。しかし紫外線にはデメリットも多く、浴び続けることで深刻な肌トラブルを招きます。次に、紫外線が肌にもたらすダメージを挙げてみましょう。

  • 肌が乾燥する
  • 乾燥によってしわができる
  • 肌がたるむ
  • 肌がくすむ
  • ソバカス、シミができる
  • 敏感肌になる
  • ニキビや吹き出物ができる
  • 皮膚ガンのリスクが高まる

これだけ多くの肌トラブルの原因になっている紫外線。なぜ、紫外線は肌にダメージを与えるのでしょうか?

ちりめんじわの原因にも

紫外線には、UVA(長波長紫外線)、UVB(中波長紫外線)、UVC(短波長紫外線)の3種類があります。その中で地上まで届いているのはUVAとUVBです。

中でも量が最も多いのはUVAです。UVAが真皮にまで届くとエラスチンやコラーゲンが少しずつ変性していき、肌が乾燥していきます。ダメージが一気に現れるのではなく、ダメージが蓄積されていくようなイメージです。

対してUVBはすぐに肌を日焼けさせます。日焼けした肌が健康的だと言われていた時代もありますが、日焼けは細胞が傷ついて炎症を起こしている状態です。肌の表面は乾燥してちりめんじわを作り、メラノサイトがメラニンを作ってそれが残るとシミになります。

このように、UVAもUVBも肌に乾燥を招きます。ちりめんじわや小じわの原因は乾燥ですから、紫外線を浴びることは小じわを作っているようなものと言えるかもしれません。

ちりめんじわを防ぐ方法

小じわを防ぐ最大の予防法は肌を乾燥させないこと。肌を乾燥させないためには、とにかく紫外線を浴びないことが大切です。紫外線は1年中降り注いでいますから、日焼け止めは通年を通して塗るようにしてください。

日焼け止めに明記されている「PA」はUVAに対してのもので「+」が多いほどにUVAをカットします。「SPF」はUVBに対するもので「SPF20」といった表記を目にしたことがある人も多いでしょう。この数値があまり高くなると、肌に負担を与えることもあります。夏なら「PA++・SPF30」ぐらいが望ましいでしょう。汗をかきやすい時季は、こまめに塗り直すことも忘れずに。

家にいるときでも油断はできません。ベランダに出たり、窓辺にいたりするだけでも、紫外線を浴びています。ある研究では紫外線に当たって5秒後にはメラノサイトが活動を始めるという報告もあります。紫外線は即座に肌を焼いてしまうものだと覚えておきましょう。

紫外線を浴びた肌のアフターケアも大切です。日焼け止めはしっかりと落とし、洗顔後はたっぷりと保湿して肌のダメージを改善させるようにしましょう。単に保湿するだけでなく、生成力が落ちてしまった肌に、コラーゲンやエラスチンなどが入った化粧品を使うことが小じわを防ぐカギとなります。

この記事の関連のページ

※このサイトは個人でまとめた情報を掲載しています。最新情報は各社の公式HPをご確認ください。