眉間

眉間に刻まれた縦のしわは表情を険しく見せ、横じわは老けた印象を与えます。眉間のしわの原因や対策をまとめました。

人相を悪くする眉間のしわ

眉間のしわには、鼻の付根とおでこの間に入る縦の線と鼻の付根に入る横のしわがあります。眉間に入った縦のしわはまるで怒っているような、悩んでいるような表情を作りますし、横のしわは老けて見せます。

インドでは女性の眉間にストーンをつける習慣があります。仏像の眉間にも白毫(びゃくごう)という白く長い毛があります。眉間は神聖な場所であり、眉間のしわは人相学的にも不幸を招くしわと考えられています。人相を悪くし、運まで落としかねない眉間のしわ。小じわと違って深いしわなので完全になくすことは難しいかもしれませんが、美と幸せのために、改善と予防を心掛けましょう。

眉間のしわの原因は?

眉間のしわは、皮膚が形状記憶をしてしまうことによってできる表情じわと言っていいでしょう。何度もしわを寄せるうちに、皮膚に線が入って取れなくなってしまうのです。

何かを考えるときに眉間にしわを寄せるクセがある人もいるでしょう。目の悪い人は物を見るとき目を細めてしまいがちですが、そういった表情もよくありません。

また、コラーゲン不足も原因です。加齢によってコラーゲンの生成力が落ちることによって、以前なら改善していたしわが元に戻らず深く刻まれてしまいます。

そして、乾燥もよくありません。眉間は皮脂が少ない場所で、皮膚が薄くなったり硬くなりやすい場所なので乾燥の影響をモロに受けてしまいます。

効果的な眉間のしわ対策

まずは、眉間にしわを寄せるクセを直すことが大切です。またコンタクトや眼鏡は度数が合ったものを選び、目を細めるクセも直すようにしてください。乾燥対策としては、水分はもちろん、コラーゲンやエラスチンを足してあげるようにしましょう。

おすすめは、眉間のしわを改善するための簡単なエクササイズ。目を大きく見開いてそのまま視線を下げ、舌をできるだけ下に伸ばします。このまま数秒ストップ。眉間のしわが伸びるようなイメージのエクササイズで、毎日続けることでしわを薄くすることが可能です。

眉間は顔の中では小さな部分ですが、印象を大きく左右する部分。毎日のお手入れで、予防&改善していきましょう。

この記事の関連のページ

※このサイトは個人でまとめた情報を掲載しています。最新情報は各社の公式HPをご確認ください。