美容整形

美容クリニックで行う注射やレーザーは本当にしわ対策になるのでしょうか?即効性のある美容整形のメニューを紹介し、効き目を検証してみましょう。

美容整形でできるしわ対策

小じわと違い、大きく深いしわは保湿ケアだけではなかなか改善されません。そこで即効性を求め、美容クリニックを利用する人もいるようです。まずは美容整形でできるしわ取りメニューの主なものをご紹介します。

注射

  • ヒアルロン酸注射
    ヒアルロン酸をしわの溝に沿って注入することで肌がフックラと持ち上がり、しわを改善します。1年程度しか持続しないので、繰り返しの施術が必要です。
  • ボトックス注射
    ボツリヌストキシンというタンパク質の一種を注射します。とくに深いしわに効果がありますが数カ月程度しか効果は持続しません。また、表情筋の動きを抑制してしまうので、表情の乏しい顔になってしまうことがあります。

レーザー・高周波

  • サーマクール
    高周波エネルギーを真皮にまで届けることでコラーゲンの生成を促します。施術してから数カ月でフックラとした肌となりますが、持続期間は半年程度です。デリケートな首への施術も可能です。
  • レーザー
    さまざまな種類のレーザーがありますが、顔に使用するものは刺激の少ないものが多いようです。レーザーを照射してコラーゲンの生成を促すしくみですが、皮膚が炎症を起こすことも。効果持続期間は複数回の施術をセットとして受けたとして半年〜2年程度です。

フェイスリフト

  • 糸を使ったフェイスリフト
    皮膚に糸を通してたるみを引きあげる施術で、大きなしわも同時に改善されます。ただし持続期間が短く、たるみが再び生じるというデメリットがあります。
  • 切るフェイスリフト
    たるんで余ってしまった皮膚を取り除いて顔を引きあげます。たるみが取れるのと同時に大きなしわも改善されますが、しばらくは顔が腫れたり、傷が残るデメリットもあります。

整形しても日頃のケアは必要

美容整形の良いところは、即効性や確実性があるところです。ただしデメリットもあります。まず最初にネックになるのが、費用が高額なこと。また、顔が著しく変わることで整形を疑われたり、持続期間も一生というわけではなく何度も施術を受ける必要があります。

美容整形を受けたとしても、小じわができなくなるわけではありません。整形の効果を持続させるためには日頃のケアは必要ですし、新たにできるしわ対策も必要です。

いずれにしても毎日のスキンケアはとても大切!そしてしわ対策でもっとも有効なのは「予防」です。毎日肌に潤いを与えて、しわができにくい肌を目指しましょう。

※このサイトは個人でまとめた情報を掲載しています。最新情報は各社の公式HPをご確認ください。